鑑賞用ペット「クラゲ」を部屋のワンポイントに!

鑑賞用ペットのクラゲとは

クラゲは「ジェリーフィッシュ」という名称で親しまれています。

また、近年ではジェリーフィッシュをペットとして飼っている人が増えてきていますが、多くの人から評価されているのには理由があります。
まず、ジェリーフィッシュは飼いやすいです。
猫や犬ではありませんので、いきなりストレスがたまるなどしてストレス発散の行動をとる・・・、ということはありません。
猫や犬の場合、ストレス発散のために柱を引っ掻いたり、犬の場合は何度も遠吠えを行うというトラブルの影響で、飼育するのが困難になることもあります。

しかし、ジェリーフィッシュであればエサ代もほとんどかかりませんし、水槽の水を交換する際も、それほど技術的な対応を問われるわけではありません。

それだけでなく、ジェリーフィッシュであれば、あらゆる水槽に馴染みやすいという利点まであります。
水槽というと、亀であれば逃げ出せない構造になっている必要がある、魚であればエアーポンプによる空気の循環が著しいものでなければ、状況によっては死んでしまうこともある・・・と、かなり環境を構築するのに時間がかかります。

ですが、ジェリーフィッシュはそもそも逃げ出そうとするわけではありませんし、複数匹を同時に飼育したとしても、仲間同士で喧嘩することもありません。
そのため、誰にでも飼えるペットとして、ジェリーフィッシュは親しまれるようになったのです。

鑑賞用ペット「クラゲ」の飼育環境

鑑賞用ペットのクラゲを飼育する環境についてですが、これといって環境が限定されているわけではありません。

ですが、飼い主がストレス発散のためにジェリーフィッシュを飼育するという場合は、ジェリーフィッシュアクアリウムというものを購入したほうが良いでしょう。
ジェリーフィッシュは、ジェリーフィッシュアクアリウムで飼うことで、「球体の水槽内をゆったりと泳ぐ」ようになります。
球体の水槽以外では、角に向かって泳ぎ続けるのですが、端まで移動してからは動きが緩慢になるといったトラブルが発生しやすいです。

飼育できれば問題ない・・・というのであれば、ジェリーフィッシュアクアリウムは不要となりますが、神秘的なジェリーフィッシュの泳ぎを堪能したいという場合は、クラゲの形状に合った丸いアクアリウムを購入すると良いでしょう。

それだけでなく、ジェリーフィッシュアクアリウムにはブラックライトが付いてくるので、ブラックライトでさらに神秘的な雰囲気を堪能したい、という場合はジェリーフィッシュアクアリウムを購入したほうが良いです。
深海のような、暗い世界でプカプカとジェリーフィッシュが動く光景は、ストレスを発散する効果もあるため、今では人気の水槽の1つとされています。