かわいい系で決める「シャビーシックインテリア」

シャビーシックインテリアの基本

レトロかわいいと評判のシャビーシックですが取り入れるのは案外難しいものです。
そこで取り入れるためのコツを紹介しましょう。

まず、「ホワイトをメインにして飾り付けを行う」と良いです。
パステル系のコーディネートとして親しまれているのですが、これもシャビーシックインテリアとして、昔から知られている技法の1つです。
ホワイトをメインにする理由は、パステル系のコーディネートでは、カラフルさよりもシックさが際立つようになりやすいからです。
シャビーシックインテリアは、それほど派手な模様替えを行うことがないため、シックさを引き立たせることが肝要となります。

そして、「家具の塗装は剥げている感じにする」ことが大事です。
これこそが、シャビーシックインテリアだけの特徴とも言える、特殊なコーディネートテクニックです。
「使用感のあるインテリアを大事にする」のが、シャビーシックインテリアの基本となっていますので、なるべくキレイに色が塗られているものを選択するより、部分的に剥げているのがわかるものを選択するようにしましょう。

日本でも、使い古された茶器などに対して「侘び寂びを感じる」という評価が存在します。
このような雰囲気を、部屋全体で堪能するコーディネートが、シャビーシックインテリアの基本でもあるのです。

その他にも、シャビーシックインテリアは「木製品で統一する」ことが大事です。
前述のとおり、シャビーシックインテリアは木製品、もしくは部分的に木が使用されているグッズなどを、インテリアグッズとして配置しますので、なるべく木製品で統一したほうが、インテリアとしての価値を高めることができます。

なので、金属製品(金属でできたインテリアグッズなど)は、なるべく部屋の中央部分に置かないようにしましょう。
置いてしまうと、シャビーシックインテリアの雰囲気が変わってしまったり、シックな見た目のものが多いので、シャビーシックインテリアが目立たなくなることもあります。

シャビーシックインテリアの応用

シャビーシックインテリアの応用ですが、「レトロな雰囲気を大事にする」のも良いです。

ただ、今ではシャビーシックインテリア自体が人気となっておりますので、レトロなインテリアグッズの中には「かなり高いと感じるグッズが多い」ことも、先に理解しておいたほうが良いでしょう。

もし、安価なのにレトロなものが欲しい・・・という場合は、木製のティーカップのように、木でできた商品で、且つ木目などを確認できるインテリアグッズを購入しましょう。
このようなインテリアグッズの良いところは、シャビーシックインテリアとしてナチュラルに配置できるところです。
生活必需品の一部を、木目調のインテリアグッズに置き換えるのも、良い手段であると言えます。