一人暮らしでの失敗談

一人暮らしならではのありがちな話

良くある一人暮らしの失敗談には、以下のような失敗談があります。

まず、「1階がコンビニ」というケースは、多くの人が失敗をした・・・と感じる、あまり良くない物件であり、一人暮らしと言えるでしょう。
というのも、多くの人が1階がコンビニであれば「便利だと思い込んでしまう」からです。

しかし、このような理想には厳しい現実のほうが多く立ちはだかります。
1階がコンビニというケースでは、「利用者が多い、騒音迷惑が多い」という失敗が発生しやすいです。
一人暮らしというのは、快適さを求めて一人暮らしを始めている人が多いのに、これでは失敗をした・・・、と感じてしまってもおかしくはありません。

また、コンビニが1階にあっても利点はあまりないという声も存在します。
というのも、利用者が多いために中々商品の購入を終えられないからです。
そもそも、1階にコンビニが入っている時点で、「利用者が多くなりやすいエリア」なのです。
なので、住む前にどの程度の利用者が使用しているコンビニなのか・・・、そのことを確認してから住むようにしたほうが良いでしょう。

次に、「天井の確認を怠った」も一人暮らしの失敗談で良く登場します。
一人暮らしというと、今までに一人暮らしを経験したことがない人ほど、実際に一人暮らしをしてみて失敗をした・・・という人が多いのです。
というのも、「天井、壁紙をしっかりと確認しない人が多い」からです。

天井にはシミ、カビといった汚れが多く、壁紙には「落書き、タバコのヤニが付着している」ことが多いです。
アパートを案内された際、これらをしっかりと確認しない場合、「部屋そのものが暗いので確認不足になりやすい」ことを理解しておきましょう。
そのため、実際に住んでみると失敗をした・・・という気持ちになりやすいのです。

特殊な一人暮らしの失敗談

他にも、一人暮らしの失敗談には特殊なケースもあります。

例えば、「賃貸物件のアンペアの確認」を怠ってしまうと、後になって失敗をした・・・という気持ちになります。
というのも、物件によっては15A(アンペア)で電気を利用する羽目になるからです。
15Aもあるなら大丈夫・・・と思ってしまう人もおられますが、複数のコンセントに対して家電品を利用するだけで、電源が落ちてしまうこともあるため、それほど15Aは良い環境ではありません。

それと、「都市ガスはプロパンガスより料金設定が安い」ことも知っておきましょう。
ガスをあまり利用しない時代にはなっていますが、それでも、利用してしまうと「2倍近い料金差が発生する」ので、多くの人はプロパンガスより都市ガスを選んでいる・・・、そのことを知っておいたほうが失敗が減ります。