隣人トラブルの対処法

思わぬところにトラブルの原因が

もしも「騒音問題」に悩まされている場合は、なるべく早い段階で隣人に対して騒音問題で悩んでいることを打ち明けましょう。
このような問題は、「放置しているとクレームを聞きつけなくなる」問題になりやすいです。
そのため、早い段階で隣人トラブルを解決することが最善とされています。

また、どうしても勇気が出ないので、騒音問題に取りかかることができないという場合は、「第三者に相談する」のが最善です。
近所迷惑という形で、どこかで耳に入るようにしておくと、具体的に誰に迷惑をかけているのかわかるだけでなく、且つ、直接文句を言いに行ったわけではないので、揉めるような関係にならずに済みます。
賃貸であれば、管理している不動産会社や大家さんに相談することも可能です。

次に、「ゴミ捨ての問題」に関しても上手な対処法が存在します。
それは、ゴミ捨ての問題を起こす人を特定した後、ゴミ出しのタイミングをあえて合わせるという対処法です。
すると、相手は「良く特定の人物に見られている気がする」ということで、ゴミ捨ての問題について考えるようになります。

可能であれば、「複数の人に協力を願っておく」と良いでしょう。
地域の問題として全体で取り組んでいると、このような問題は自然と解決するようになり、隣人トラブルの対象者も心を入れ替えてくれることが多いです。
すると、次回からは同じような問題を起こす人に対して、率先して注意を促してくれることが多いため、隣人トラブルが過熱することを防ぐこともできるのです。

隣人トラブルで重要となるのは、一緒になって問題を考えることであり、相手に対して愚痴をこぼすことではありません。
具体的な解決案を持って、一緒になって話してみると、段々と相手のほうも、隣人トラブルを減らす取り組みを見せてくれるようになります。

直接的な交渉は効果が高い

隣人トラブルの簡単な解決法ですが、直接的な交渉に望むことです。

隣人トラブルの中には、「ゴミ屋敷」と言われるような住居の存在するエリア内で発生するトラブルもあります。
ですが、このような問題は問題を起こしている本人が、「家の問題であり地域の問題ではない」と考えていることが多いです。
なので、もしゴミ屋敷といった問題を発見した際、悩まされている際は、「役所に対して届け出を行う構えもある」ことを明らかにしておきましょう。

ただ、相手のことも考えて先に注意を促す程度の対処をとったほうが良いです。
最初から強硬な姿勢では、相手のほうも心を開きませんし、より相手も強硬な姿勢になることが懸念されます。
最初は柔和な対応を望み、その後は直接的な交渉を行うようにしましょう。