不動産会社の選び方

悪徳業者に引っかからないように!

物件探しをする際には不動産会社と関わることになりますが、何となく不動産会社に対するイメージがあまり良くないという方も多いです。
以前に関わったことがある不動産会社のイメージで、嘘の広告ばかり提示しているとか、怪しい人が対応しているなどの悪い印象を持っている方がおおいです。
残念なことですが、悪い不動産会社が存在しているのもの事実で、被害に遭ったことを訴える方も多いので、このような悪徳業者には引っかからないようにしたいものです。
ここでは物件探しの基本として、不動産会社の選び方についてご紹介します。

「物件数が多いほど良い」という誤解

不動産会社の中には「当社が紹介できる物件数は地域で一番です!」とアピールしている事例もありますが、実際のところは不動産会社同士の繋がりが存在しており、それぞれが共有していることか自社の持ち物件以外にも紹介することができるのです。
物件数が多いことをアピールしているからといって悪徳業者と判断することはできませんが、物件数が多いからという理由だけで判断してはいけないとおぼえておきましょう。
むしろ、あえて物件数が多いことをアピールしていない不動産会社こそ、安定した経営をしている場合が多いと言われています。

仲介手数料の存在

物件探しをしている側としては、できるだけ経費をかけずに良い物件を探したいというのが本音です。
そこで仲介手数料無料とか、仲介手数料半額というメリットをアピールしている不動産会社があると注目したくなるのも当然です。

しかし、物件探しをしている人から仲介手数料を受け取らなくても、大家さんからは仲介手数料を受け取っているのが事実です。
物件探しをしている人から仲介手数料を受け取らない代わりに、大家さんからは受け取っているので不動産会社としては決して損をしているわけではないのです。
大家さんはできるだけ物件を空き室にしたくないので、仲介手数料を多く支払ってでも空き室を埋めたいと考えているので、仲介手数料無料とか半額とアピールしているのはいわゆる広告料的な考え方で支払っていると考えられます。
実際にこのような物件を見学したところ、あまり良い物件とは言えなかったという背景もあるようです。

契約を急がせる

物件の問い合わせをするだけのつもりだったのに、とにかく契約させようとあの手この手で迫ってくる担当者が多いと悪評の多い不動産会社も存在しています。
不動産会社によっては厳しいノルマ設定を行っている場合があり、問い合わせがあったお客様は何としてでも契約に繋げたいと考えている場合が多いです。
一概には言えませんが、このようなノルマが厳しい不動産会社は駅前に存在している場合が多いそうです。
駅前は家賃も高くて経費がかかるため、掴んだお客様を逃したくないと考えていることが多いと言われています。