ルームシェアをする際の物件探しのコツ

経済的で安心できる

一人暮らしをするよりも、誰かと一緒に同じ部屋を共同で借りて暮らすというルームシェアをするケースが増えています。
ニーズが高まっていることから、ルームシェア可能とする物件も増えていますが、ルームシェアをする際の物件探しのコツを抑えておくと理想的な部屋を見つけやすくなります。

間取りの選び方

例えば二人でシェアする場合、個室を確保していても共有できる時間を大事にしたいという場合にはリビングが広めの2LDKを選択するのがおすすめです。
個室までのドアがリビングと面していれば、お互いに顔を合わせる機会が増えるのでコミュニケーションを図る機会が増えることになります。
このような形でシェアする場合には、お互いに気心が知れた関係であった方が良いでしょう。

逆に、ルームシェアをしていてもお互いにプライベートの時間を大事にしたいという場合には個室が離れている2LDKにすると良いでしょう。
個室が近いとどうしてもお互いが気にし合って生活しなければいけないと感じて、ルームシェア生活が窮屈に感じられてしまいます。
お互いにプライベートには立ち入りたくないと考えている場合にはこちらの間取りを選んだ方が良いです。

このように間取りによって最適な過ごし方が異なりますので、色々な間取りを確認しながら話し合って納得できたら契約を考えるようにしてください。

共有スペースの使い方

ルームシェアをしていると個室以外の共有スペースを使う場合には、どんなに気心が知れた関係であっても気を使わなければいけない部分も多いです。
例えばトイレとバスが同じ空間にある場合、どちらかがバスを使っているとトイレに行きたくても行けないという場合があるため、かなり不便に感じる場合があります。
二人で暮らしていると収納スペースが少なすぎるとか、キッチンの収納に限りがあるので二人が持っていた家電が重複していた分が邪魔で仕方がないなどの問題が生じる場合もあります。

このようなデメリットは実際に生活を始めてみなければわからないことも多く、何も荷物がない状態の室内を見学してもイメージしにくい場合があります。
できるだけ実際に生活している時の様子を想像しながら、共有スペースの使い方についても相談しておくと良いでしょう。

お互いに気持ちよく生活するために

ルームシェアをする場合にはどんなに気心が知れている相手と一緒に生活する場合でもきちんとルールを決めておくことが大切です。
共有スペースの使い方はもちろんですが、一ヶ月の生活費どのように折半するのかについても確認しておくことが大切です。
ルームシェアのメリットを最大限活かすためには、お互いに不快に感じる部分をできるだけ少なくすることが大切です。