マイホームを購入する際の物件探しポイント

理想的な住まいを手に入れるコツ

念願だったマイホームを手に入れる時が現実味を増した時、どんな物件を購入するべきかと迷うものです。
大まかに分けるとマンションか一戸建てのどちらを選ぶのか、新築か中古のどちらを選ぶのかによって予算が全く異なります。
マイホームを購入する際の物件探しで注意したいポイントを確認しましょう。

マンションと一戸建ての違いを見極める

マイホームならマンションを購入したいとか、絶対に一戸建てが良いなどの考え方がありますが、大きな違いとして取りと建物の所有の仕方について把握しておくことが大切です。
マンションは複数の世帯が同じ建物と土地を分け合うことで所有する形になるため、自分の好き勝手に使える部分が少なくて制限が多いと感じる場合があります。
一定のルールを守って生活しなければいけないことに対して窮屈さを感じる方も多いです。

一戸建てについては土地と建物の所有は基本的には自分なので、敷地内であれば自由に使っても問題ありません。
しかし、きちんと管理しなければいけない部分が多いため、手間がかかって大変だと感じられることが多いものです。

この他にもセキュリティ面や耐久性、立地条件など細かい面で異なる部分が多いと感じられますが、それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら最適な物件を見極める必要があります。

新築と中古のどちらにするか

マンションまたは一戸建てのどちらかを決めたら、新築か中古という選択肢を決める必要があります。
新築の場合は建物や設備が全て新しいため気持良く新生活をスタートできますし、マイホーム購入にあたって税制面で優遇されるというメリットもあります。
特に新築一戸建ての場合は自分の好きな間取りなどを考えることもできるため、本当に理想的なマイホームを手に入れることができます。

その反面で購入価格が高額になってしまうこと、今すぐに住みたいのに完成まで待たなければいけない場合があることなどの面も考慮しなければいけません。
特に資金計画をしっかり立てなければ、せっかく念願のマイホームを手に入れても返済がままならない状況になって最終的にはマイホームを手放すという結果になりかねないのです。

中古物件の場合は既に存在している物件の状態を確認し、気に入った場合はすぐに購入して住み始めることができます。
気になる部分はリフォームをすることで外観が見違えるほど変わって新築物件のようにすることも可能です。
新築物件よりも安く購入できることも大きなメリットと言えます。

ただし、経年劣化に伴い定期的にリフォームが必要になる可能性があること、住宅ローンの利用を希望してもなかなか審査が下りにくいことなどのデメリットもあります。