新居のお掃除アドバイス

新居でも掃除が必要です

引っ越し先の新居が決まったら、そのまま荷物を搬入するのはあまりおすすめできません。
荷物を搬入してしまうと徹底的に掃除をするのが難しくなるため、引っ越し当日までに掃除を済ませておくことをおすすめします。
新居は既に掃除がされているはずだからキレイなのではないか?と思われる方も多いですが、実際のところはササッと掃除を済ませた程度で終わっていることが多く、かなり雑な仕上がりになっていることがわかります。
新生活を気持ちよくスタートさせるためにも役立つ、新居のお掃除アドバイスをご紹介します。

掃除道具を持参して新居へ

引っ越しをすることが決まり、新居が無事に決まった段階でスケジュールを調整しながら新居の掃除を行う計画を立ててください。
中古物件の場合は前の入居者が退去した段階でリフォームを行っている場合があり、壁紙などに塗装を行っていることがあります。
新築物件も内装工事が終わった段階では塗料などの匂いが残っている可能性があるため、まずはしっかり換気を行うようにしてください。
室内の空気を入れ替えするだけでもスッキリした気分になります。

新居には当然ながら掃除道具は一切ない状況なので、自分で必要最低限の掃除道具を持参してください。
掃除機や雑巾、バケツ、洗剤など必要な掃除道具を持って行くと何度も足を運ぶ必要がなくなります。

各室内の床を掃除機や雑巾でキレイにしてから天井や壁の汚れを拭きとって下さい。
中古物件の場合は前の入居者が喫煙者だった場合、タバコのヤニがびっしりとこびりついている可能性がありますので、できるだけ丁寧に拭き掃除を行うと良いでしょう。
荷物が何もない状態ならキレイに掃除をしやすく、荷物があると気にならないような場所の汚れも発見できます。

キッチンやトイレ、お風呂などの水回り関係は排水口の汚れなどをしっかり落としておくようにしてください。
入居してから掃除をするのは何となく気持ちが悪いので、その前に気が済むまでスッキリとさせましょう。

一通り掃除を済ませておくと、現状の傷や汚れの場所などをしっかり把握することができます。
本当は自分が入居する前から存在していた傷や汚れでも、入居する前の段階で報告していなければ自分の責任になってしまう可能性があります。
おかしな部分に気付いたら、不動産会社や大家さんに連絡を入れておきましょう。

害虫駆除も忘れずに

新築物件の場合はあまり気にしなくても良いのですが、中古物件の場合は害虫駆除をしておくことをおすすめします。
各部屋に害虫駆除剤をセットしておき、一定時間経ってきちんと害虫駆除ができたら換気をしてしっかり空気の入れ替えを行っておきましょう。
この一手間を行うだけで害虫がいるかもしれないと不安を感じながら生活をすることがなくなるので、ぜひお試しください。