引っ越し前日と当日の段取り

きちんと段取りを確認しましょう

引っ越しに慣れている方なら戸惑うことはあまりないかもしれませんが、初めて引っ越しをするという方はどのような流れで作業を行うべきなのか、どんな準備をするべきかわからないものです。
ここでは引っ越し前日と当時の段取りについて確認してみましょう。

引っ越し前日までに済ませたい事

引っ越し前日までに済ませておきたい事は色々あります。
まずは引っ越しをすることが決まった段階で早めに済ませておきたいのが現在入居している家を管理している不動産会社や大家さんに引っ越しをすることを連絡してください。
入居をする際に契約を交わしていると思われますが、退去の何ヶ月前までに連絡を入れるとか、契約期間が決まっている場合もあるはずなので、どのような内容になっているのか確認をしてみることが大切です。
気持よく退去するためにもきちんとルールを守って退去するようにしてください。

次に引っ越し業者の選定を始めて、どの業者に依頼するのか絞り込んでください。
あまり多くの荷物がないという場合には自分で荷物を運ぶことができるかもしれませんがたくさんの荷物があると専門業者に依頼するのが一番良い方法です。
業者に依頼する場合にはできるだけ複数の業者に見積もりを頼んで、どこが最も条件が良いのか確認してみましょう。
この他に水道、ガス、電気、電話などライフラインを契約している会社などに連絡を入れて新居でもすぐに使用できる状態にしておきましょう。

引っ越し前日までに自分でまとめることができる荷物は荷造りを行ないますが、不要品はできるだけ処分して新居に持ち込まないようにしてください。
不要品はゴミとして処分するだけでなく、リサイクルショップやオークションで売る方法もあります。

引っ越し当日の流れ

業者に引っ越し作業を依頼している場合にはスムーズに作業を行ってもらえるのでかなり楽です。
自分で行う場合には荷物をしっかり搬出すること、旧居の掃除をきちんと行うこと、公共料金などの清算を済ませてしまうようにしてください。
当日になっても細かい荷物を梱包しているようではあまりにも段取りが悪すぎてなかなか引っ越しが終わらない可能性もあるので注意してください。
最後に大家さんまたは不動産会社が立ち会って部屋の明け渡しが行われますので、室内の汚れや傷などはしっかり確認しておきましょう。

新居ではすぐに荷物を運んで荷解きを行ないますが、家具などの大きな荷物を搬入する際に部屋に傷を作ってしまう場合があります。
業者がつけてしまった場合には弁償をしてもらうこともできますので、きちんと確認をしておくようにしてください。
初めての引っ越しではきちんと段取りをしておくことがスムーズに進めるコツです。