新居とペットについて

人間よりデリケートなもの

飼育しているペットを連れて新居での生活をスタートさせたところ、ペットの元気がなくなって心配しているという方も多いです。
ペットにとっては自分の住み慣れた家を離れて新しい家に住むことは意外と大きなストレスになるもので、私達が想像している以上に気持ちが不安定になりやすいものなのです。
新居でも安心してペットが暮らせるように配慮することが飼い主さんにとっての責任だと考えるようにしてください。
ここでは新居とペットについて確認しておきましょう。

参考:http://www.petwell.jp/report/2010/03/26/1210

犬の場合は練習が必要

普段から飼い主さんと一緒に外出する機会が多く、移動用のゲージにも入ることに慣れている子であれば新居に引っ越しをしても比較的早く環境に慣れてくれると思われますが、そうではない場合にはなかなか新しい環境に馴染めなくてストレスを感じるようです。
この場合は引っ越しが決まった段階でゲージに入って移動させる練習をするようにしておくと良いでしょう。

また、飼い主さんが日常的に一緒に過ごしている場合は安心してくれるのですが、飼い主さんが留守にする機会が多いと寂しがってなかなか環境に慣れてくれない場合があります。
場合によっては飼い主さんが外出する度に大声で鳴くことも多くなるので、ご近所に迷惑がられる場合もあるため、きちんとしつけをすることと、ご近所にもあらかじめ犬を留守番させているので迷惑をかけてしまうかもしれないので申し訳ないと伝えておくと良いでしょう。

人間の都合ばかり押し付けるのではなく、犬の気持ちもよく考えて接することが大切です。
正しいしつけの仕方などは動物病院の先生にアドバイスを求めるのもおすすめです。

猫は環境に慣れにくい

犬は比較的早く環境に慣れる子が多いのですが、問題なのが猫です。
猫は住み慣れた家の環境が急に変わると戸惑い、ある日突然家出をしてしまうことが多いと言われています。
部屋の隅に隠れてなかなか出てこなくなる場合もあるようです。

猫が新居の環境に慣れるまでにはある程度時間がかかるものだと理解して、飼い主さんもあまり焦らないようにしてください。
水とトイレは近くに置くようにして、少しずつ環境に慣れてくるのを待ちましょう。
普段は外で遊ばせている子の場合はいつものように遊びに行きたいと騒ぐかもしれませんが、うるさいからといって外出させてしまうとそのまま迷子になってしまい帰って来られなくなったり、交通事故に巻き込まれてしまう場合もあるので注意してください。

室内に閉じ込めたままでは可哀想なので、犬と同じように飼い主さんと一緒に散歩をして今までの住環境とは違うことを理解させるようにしながら、新しい環境に早く慣れるようにサポートしてあげましょう。