アクセスも良好!「二子玉川」について

進化し続ける場所として注目

宿場町から行楽地、商業地へと時代の流れと共に街の様子が変遷して進化し続けているのが二子玉川です。
買い物にも便利で好アクセスというメリットがある二子玉川の魅力について確認してみましょう。

二子玉川の歴史

二子玉川の地域は縄文時代のものと見られる遺跡が多く残されており、豊かな自然の恵みを活かして多くに人が生活していた場所であることが伺えます。
古墳時代に作られたと見られる古墳も多く残っており、歴史的にも貴重な出土品が発掘されています。

時代が移り変わりに合わせて二子玉川付近の様子は変わっていきましたが、江戸時代には二子玉川の景観が素晴らしいことと、美味しい鮎が有名であったこともあり料亭があったそうです。
明治時代になって玉川電車が開通して遊園地ができたことから、行楽地として発展するようになりました。
夏になると花火大会が行われて多くの見物客が楽しんでいたそうです。

現在の二子玉川は緑が多く自然が多く残されている地域ですが、再開発が進められて大型ショッピングセンターの二子玉川ライズがオープンしたことで更に賑わいを見せています
再開発は今でも行われている途中で、更に便利な施設が完成する予定です。

ちなみに、二子玉川という町名は行政上存在しているものではなく、行政地名としては世田谷区玉川になります。
二子玉川という名称がついたのは多摩川を挟んで存在していた二子村と世田谷区側にあった玉川村に由来していることと、この地域に存在していた二子の渡しにも由来していると言われています。
「にこたま」「ふたこ」と呼ばれて多くの人に親しまれる二子玉川は、今後も進化がどんどん加速することが期待されています。

アクセスが便利

二子玉川が生活しやすいという印象があるのは、田園都市線と大井町線の2つの路線が乗り入れしているという好アクセスの環境が整っているからです。
二子玉川駅から渋谷に向かう場合には約12分で到着しますし、品川の場合は一旦大井町で乗り換えをするだけで30分も満たないうちに到着します。
都内の他の地域に移動する場合にも便利な場所です。

駅前に二子玉川ライズが完成したこともありますが、元々買い物に便利な商業施設が整っていることから、一日中お買い物をして楽しめるのも大きな魅力です。
他の地域から二子玉川までやってきてお買い物を楽しむ人が多く、休日になると多くの人で街が賑わいます。

治安も良い地域

二子玉川周辺は女性の一人暮らしやファミリー層が安心して生活できる地域として知られています。
治安も良いことから不安を感じずに生活できる便利な場所として人気があります。
賃貸物件の場合は家賃相場が若干高めと言われていますが、驚くほど高額というものではないので他の地域から移住する方も多いようです。