「学芸大学」って住みやすいの?

学芸大学の主な魅力

「学芸大学はあらゆる面で好立地」という評価を得ているエリアです。
しかし、学芸大学のように住みやすい土地というのは、人気が上がってくるにつれて、なにかしらの面倒、不利益が発生することがあります。
ですが、学芸大学は交通の便が良いので、アクセスに関してはまず悩まされる心配がありません。

そのため、とりあえず学芸大学に住んでみようかな・・・という人も、なにかしらの目的があって学芸大学に住んでいる人も、等しく学芸大学の良さを満喫することができるのです。

学芸大学は、渋谷まで10分とかからないという好立地でもあるので、物静かなエリアで生活をしたい・・・、だけど、休日は若者が多いエリアに行って遊びたい・・・という人でも、望みを叶えられるエリアとなっているのです。
今では若者を中心としたイベントが増えてきているため、土地そのものが活性化しているという面においても、学芸大学は良い評価を多く得ています。

また、学芸大学は、「商店街が充実しているので住みやすい」という評価も存在します。
人気のエリアであれば、商店街が充実しているのは当たり前・・・と思われがちですが、人気のエリアでも商店街が縮小していくということはあります。
ですが、学芸大学では商店街にも名物が数多く存在するので、今でも評価され続けている人気店が存在し、その中には若者が好きなチェーン店まで存在するのです。

しかも、「スーパー、ドラッグストア、レンタルショップ」といった、多くの人が利用する施設についても、数多く存在するという良さがあります。
エリアそのものの充実度という面では、中々、学芸大学より優れているエリアは無いかも知れません。

その他の魅力など

さらに学芸大学は、「ハイセンスな街」として親しまれている一面があります。

例えば、「オシャレなカフェが多い、雑貨屋さんもオシャレ」という魅力があるのです。
このような魅力だけでなく近くには大きな「碑文谷公園」もありますので、緑が多く存在するエリアで生活してみたい・・・という人は、学芸大学と相性が良い人かも知れません。
碑文谷公園では、ポニーに乗馬できたり、小動物に触れあったりできるので、家族連れにもうれしい限りです。

ただ、このような魅力が数多く存在するのですが、学芸大学は「家賃が高い」という短所も存在します。
人気のエリアとして知られている学芸大学は、今では多くの人が住むようになったため、「1Rで7万円前後、1LDKで12万円前後」という状況になっています。
人気のエリアになると、アパート、マンションが数多く立ち並ぶようになり、その影響で物件の価格が下がることもあるのですが、学芸大学は、今でも物件の価値が上がり続けているので、他のエリアと比べても高い状況です。