目黒の魅力を徹底解明

都心でも自然が多い

東京都内で自然が多くて住みやすいと言われているのが目黒です。
目黒に対してはおしゃれとか大人に最適、生活に便利などのイメージをお持ちの方も多いですが、改めて目黒の魅力を徹底解明してみましょう。

歴史の古い街

目黒には先土器時代から人が住んでいたと推測される遺跡が残されています。
当時から豊かな自然に恵まれた土地で、暮らしやすい場所だったと考えられます。
9世紀頃に創建されたとされている目黒不動(瀧泉寺)や法眼寺(円融寺)の存在がこの一帯で文化が発達していたことを伺わせてくれます。

江戸時代になると将軍が鷹狩を楽しむ場所とされていました。
江戸幕府が誕生したことで目黒一帯はどんどん発展し、江戸の町との繋がりも深まったそうです。

明治、大正、昭和と時代の流れに伴い発展を遂げましたが、戦災によって人口が3分の1にまで減ってしまったそうです。
終戦後に目覚ましい復興をした結果、東京オリンピックが行われた時には人口が30万人に達しました。
現在では地価高騰の影響もあり人口は減り続けて約24万人とされていますが、生活しやすい場所として根強い人気を誇っています。

自然が多い

目黒が暮らしやすいと言われる理由の一つが、都内でも自然が多く存在しているからです。
目黒駅から徒歩10分程度の距離にある自然教育園は、自然溢れる公園として多くの人に親しまれています。
敷地は6万坪で、四季に応じて異なる光景を楽しむことができて自然を身近に感じられます。
まさに都会のオアシス的な場所で、日々の疲れを癒すために散策をしながらリフレッシュしている方が多いです。

目黒川沿いにはたくさんの桜の木が植えられていますが、春になると見事な桜並木を楽しめます。
夜になると美しいライトが点灯されて、日中とは異なる幻想的な光景を楽しむこともできます。
お花見はもちろん、レストランなどからも眺めることもできるのでキレイな桜を楽しみながら美味しい食事をいただくこともできます。

また、秋になると有名な目黒区さんままつりも行われています。
目黒区と友好都市の関係にある宮城県気仙沼市産の新鮮なさんまを堪能できるとあって多くの人が訪れています。
目黒区民はもちろんですが、他の地域からもお客さんがやって来て自然の恵みを堪能できる大人気イベントです。

おしゃれなお店

目黒といえばおしゃれな衣料品店や飲食店が多いことも人気の秘密です。
カフェやレストランなどで食事を楽しみながら、おしゃれなお店を散策するカップルも多く見かけられます。
おしゃれなインテリアショップでお気に入りの雑貨を買っていく方もいます。
目黒に住んでいれば、いつでもおしゃれなお店巡りを楽しめるのも大きな魅力です。