サブカルな街「下北沢」の住みやすさは?

不思議な魅力を感じさせる街

下北沢といえばサブカルな街という印象を受ける方も多く、自分の趣味を楽しむために何度か下北沢に行っているうちに「もう、ここに住みたい!」と考える方が多いです。
そんなサブカルな街として知られる下北沢の住みやすさについて確認してみましょう。

どこに行くのも便利な場所

下北沢にたくさんの人が集まりやすい理由のひとつが、立地条件がとても良いことです。
新宿や渋谷から電車なら10分程度で到着する近さや、東京都や近郊に出かける際にも便利なのです。
通勤や通学にも便利な場所なので、普段は仕事や勉強を頑張って休日には自宅の近くで自分の好きな趣味を堪能するなどの楽しみ方が実現することが、下北沢に住む大きな魅力と言えます。

買い物をする際には商店街やドラッグストア、スーパーなどが多いため不便さを感じません。
日常的に活用する食料品や生活用品などは下北沢だけで買い揃えることができます。
たまに他の場所へ買い物に行きたいという場合でも移動しやすいので、便利な街だと言えます。

人のぬくもりを感じられる

都会で暮らしていると人と人との繋がりが希薄に感じられて、人恋しくなってしまうという方も多いです。
しかし、下北沢の場合はむしろ逆で、人同士の繋がりが深いと感じられて都会で暮らしていても寂しさを感じにくいと言われています。

下北沢には演劇やアート、ファッションなど様々な共通の趣味を持つ人が集まってきていますが、中にはかなりマニアックで周囲の人には理解されにくい趣味を持っている方も多いです。
個性的なイベントも随時開催されていることから、自分と同じ趣味を持っている人と知り合いになれて人脈を広げながら楽しむことができるというメリットがあります。
何度か下北沢に足を運んでいるうちに、毎日のようにこんなに楽しく過ごせたらいいなと感じて下北沢で住むことを考える方が多いそうです。

他にも下北沢は個人経営の店舗が多く存在していて、ふらりとお店に立ち寄っただけでも温かく迎え入れてくれるような雰囲気を感じさせてくれるのが大きな魅力と感じる方も多いです。
ほんの些細なことかもしれませんが、通勤や通学から帰ってきた時に一言だけ「おかえり」と声をかけてもらうだけで嬉しいと感じられるものです。

大学や専門学校なども多く学生が多くいることで、より人情味あふれる街であることも下北沢が持つ魅力の一つです。

家賃相場と学生マンション

人気のエリアでもある下北沢の家賃相場は、ワンルームで7万円、1kで8万円、1DKで10万円です。
どうしても相場としては高くなってしまいがちですが、駅から離れたり、ちょっと奥まった区間に行けばもう少し家賃は下がることもあります。

一般的な賃貸物件が上記のような金額になるのですが、学生であれば学生マンションに住めるという特権があります。
学生マンションの場合であれば、5~7万円と通常物件よりも安く借りられることもあります。
参照サイト >>> 日本大学(文理学部)の学生マンションを探すなら学生マンションドットコム

日本大学や駒澤大学、日体大などの下北沢エリアに近い大学がある学生は、学生マンションを引越し先として候補にいれてみてもいいのではないでしょうか。

おしゃれな飲食店も多い

下北沢は個性的だけどおしゃれなお店がたくさんあります。
例えば新鮮な有機野菜やお米などを使用した美味しい料理を提供するの「農民カフェ」は、安心して口にできるメニューを提供しています。
旬の野菜を取り入れていることから、時期によってメニューの内容が変わって様々な味を楽しめるメリットがあります。
お気に入りのお店を探して散策できるのも下北沢が楽しいと感じる秘密です。